お知らせ  ● お問い合せ





※ 主なメンバーのプロフィール
田中 和栄 (たなか かずひで)
Sei(セイ)、田中 清一郎 (たなか せいいちろう)
古川 明久 (ふるかわ あきひさ)
小串 忠彦 (おぐし ただひこ)
坂井 義昌 (さかい よしまさ)
工藤 昌男 (くどう まさお)
越智 俊夫 (おち としお)
最首公司(さいしゅ こうじ)
永井 修 (ながい おさむ)
長谷川 勇司 (はせがわ ゆうじ)
小滝 流水 (こたき りゅうすい)

田中 和栄 (たなか かずひで)

海底村発案者

1968年 海底ハウス歩号1世を制作。愛媛県吉田湾内の海底に設置し、7日間の海中生活実験に成功。
1970年 海底ハウス歩号1世を静岡県沼津市三津浜に移設。 海底村を発足。
1973年 海底ハウス歩号1世を日本船舶振興会に寄贈。東京都船の科学館に展示。現在も展示中。
1974年 海底ハウス歩号2世を制作。静岡県三津シーパラダイス沖に設置。
    その他、海上シーベース、水中カプセルなどを制作。
1983年 交通事故で頚椎損傷四肢麻痺の1級身障者となる。
    その後も海中居住研究所の顧問や、講演、各メディアへの出演など行う。
2011年9月 逝去 (享年71)

**主な出演番組・イベント等**
・世界ふしぎ発見 ・コロンブスのゆで卵 ・海の日夢フォーラム ・特ダネ ・海底ハウス ・本物は誰だ ・小川浩ショー ・スーパータイム ・沖縄海中結婚式 ・ザ!鉄腕ダッシュ ・ダイビングワールド ・ぼくらマガジン(現:少年マガジン) ・小学館図書各種 ・Wikipedia(船の科学館内) ・海上保安庁ホームページ ・百科事典 ・舩井直観力セミナーin淡島 ・海図〜面白くてためになる海の地理本 ・深海をゆく ・その他地方、大手新聞テレビ各社

海底ハウス関連映像
書籍:海底ハウス 田中和栄物語
Page Top

Sei(セイ)、田中 清一郎 (たなか せいいちろう)

海底村運営者代表

フロンティア光栄株式会社 代表取締役
1965年12月6日 愛媛県北宇和郡吉田町で田中和栄の長男として生まれる。
幼稚園の時、父の海底ハウス騒動により一家で横浜に移住。 静岡県沼津の海底村にて海底生活を体験。

父の交通事故をきっかけに10代から物品販売の営業で家族を養う。船会社で10数年のサラリーマン生活を経てフロンティア光栄株式会社を立ち上げ、海運システムや、海藻塩、5,600万年前の海水と同じ構造の水を扱うなど、海を起源とする「健康と美と幸せ」をテーマに独立。

海底ハウス歩号2世と同サイズのフロンティアショップ・カムナcafe横浜・港北(綱島)店、健康と美と幸せの店『フロンティアショップ』、別館サイト『フロンティアオンラインショップ』などを運営している。

**主な出演番組・イベント等**
・スーパータイム ・沖縄海中結婚式 ・舩井直観力セミナーin淡島 ・ザ!鉄腕ダッシュ ・四国なぞ解き行脚・舩井直観力セミナーin淡島 ・海図〜面白くてためになる海の地理本 ・深海をゆく ・その他

Seiのブログ
海底村プロモーション動画
海底ハウス関連映像
● ☆ 海底村テーマソング (Seiアルバム「海のみた月」「新しい時代」より)

Page Top

小串 忠彦 (おぐし ただひこ)

1980年〜1982年 株式会社海底ハウス技術研究所(海底村)の社員として、海底村業務に従事。
その後も、職業ダイバー及びダイバー監督として、海中撮影、海中溶接など、海洋工事事業に携わる。
1999年 (有)OGSを設立。海洋工事事業で活躍。その人柄で、どこへ行っても頼られる存在に。
2010年 5月25日みんなの心の支えとして永久メンバーになりました。

Page Top

古川 明久 (ふるかわ あきひさ)

スペースクルーズ一級建築士事務所代表。一級建築士・商業施設士・東京建築士会正会員。
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員(AFP)。
芝浦工業大学 工学部 建築学科 卒業。卒業設計最優秀賞。

店舗・オフィスビル・住宅など、各種建築デザインから内装デザインまで
設計を行い、光を駆使した建築デザインを提案している。
また、芝浦や神田のまちづくりに参加し、建築から映像や音楽へ行き来して総合プロデュースを行う。

http://www.spacecruise.net/

Page Top

坂井 義昌 (さかい よしまさ)

海底ハウス歩号1世が最初に沈められた時から、現在に至るまで海底村に関わっている。

Page Top



工藤 昌男 (くどう まさお)

1930年、東京に生まれる。
旧制武蔵高校卒業後、科学及び音楽番組を中心に放送作家としてTV業界に参入。その後TVコマーシャルの企画演出。趣味のダイビングを基礎に海洋技術開発に関するレポーター・ライターをこなす。

1969年、読売新聞出版部より著書「海、その上、中、底、未来」を出版。
以後海洋技術に関する著書8冊。
1975年、沖縄海洋博、WOSくじら館プロデューサー。
社団法人海洋開発技術協会専務理事を経て
1997年株式会社ディー・アイ・ブイを設立し代表取締役に就任。2009年退任。
現在も最新の水中写真を精力的に撮っている。

Page Top

越智 俊夫 (おち としお)

1958年、海上自衛隊入隊。
1972年、海上自衛隊第一術科学校潜水科教官
1973年、海洋科学技術センター(JAMSTEC)職員
1976年、シートピア計画60m・100m海中実験実施本部アクアノート班長
その後海洋科学技術センターの各プロジェクト主任指員、各地業務実施総括責任者を務める。
1986年、株式会社インターオーシャンコントラクターを設立。

建設大学校中央訓練所やフジ・サンケイダイビングスクール講師、指導、潜水業務、また
世界各国から機械器具、雑貨などの輸入、各種イベントの専門家派遣などを行っている。

Page Top

最首公司(さいしゅ こうじ)

(1934年 - )ジャーナリスト。 1956年上智大学新聞学科卒業。東京新聞入社。
社会部、編集企画委員、経済部、編集委員、中日新聞編集委員。
中東、エネルギー問題を担当。イスラム経済研究会会員。

エネルギー業界を代表する「石油文化賞」、「エネルギーフォーラム/普及啓発賞」受賞。
日本アラブ協会理事、NPO燃料電池・水素エネルギー・ネットワーク理事、(社)海洋産業研究会客員研究員、最首事務所代表。

Page Top

永井 修 (ながい おさむ)

マリン産業株式会社代表取締役

海洋機器保守管理から潜水作業全般、汚泥浚渫から貝類の減容化や
汚水処理とその再利用を、自社制作の機器やロボットで行っている。

Page Top

長谷川 勇司 (はせがわ ゆうじ)

静岡県三津天然水族館(現三津シーパラダイス)、八景島シーパラダイス水族館、
箱根園水族館などで飼育長を歴任。駿河湾の多様な水族についての研究結果も数限りなくある。

Page Top

小滝 流水 (こたき りゅうすい)

詩人、本名、大下伸悦(おおした しんえつ)。子どもの頃海の中に憧れるあまり、石を抱いて気を失うまで海に潜っていたり、海底ハウスが初めて新聞に掲載された時の切り抜きをもっているほどの海好き。
178社の会社を無借金で経営しながら、詩人としても活躍。文芸、文化、農、言霊(コトダマ)などを正しく広めるべく2011年2月にすべての会社から惜しげもなく退き、農に携わりながら全国で多分野にわたる講演を行っている。

自由芸術農園運営・GOPグリーンオーナー倶楽部主宰。楽しく生きる会会長。21世紀幸塾専務理事。
新日本文芸協会顧問。作家名:小滝流水。伊勢神宮の神代文字奉納文・保存会代表。
著書『時代は変わった。でも大丈夫!生活費を減らして健康になる』『親子のかたち』(新日本文芸協会)他書籍多数。

GOPグリーンオーナー倶楽部では、日本の農業を救う具体案を実践を通じて提示する。21世紀幸塾(さいわいじゅく)、GOPホームページコラムにて最新情報を発信。

Page Top




お知らせ  ● お問い合せ